おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » マスコミ »【偏向報道】集団的自衛権で割れた世論調査 朝日・毎日は質問に「枕詞」、回答に影響か[07/08]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: ばぐたMK-Ⅸφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/07/08(火)11:02:57 ID:???

★集団的自衛権で割れた世論調査 朝日・毎日は質問に「枕詞」、回答に影響?
産経新聞 2014年07月08日07時59分

 安倍晋三内閣が集団的自衛権行使容認の憲法解釈変更を閣議決定した前後に行った全国紙の世論調査結果が出そろい、賛否が真っ二つに割れた。

 中立にみえる世論調査も、各社の意図で結果が左右される場合があるのだ。

 結果が大きく割れたのは回答方法に原因がある。

 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)合同調査では、集団的自衛権についての設問で、行使容認に相当する「全面的に使えるようにすべきだ」と「必要最小限度で使えるようにすべきだ」の回答肢を用意し、合わせて63・7%が「行使容認」とした。

 一方、他社はいずれも「賛成か反対か」という二者択一で回答を求めた。

 読売新聞は、前回調査で産経と同様の回答肢で実施、「行使容認」は7割を超えた。今回は朝日新聞などと同様の二者択一方式で行い、「行使反対」が上回る結果になった。

 ただ、読売は集団的自衛権の個別事例についての賛否も求め、紛争中の外国から避難する日本人を乗せた米輸送艦を自衛隊が防護できるようにすることには67%が「賛成」と回答した。読売は4日付朝刊で、世論の反応を「事例は理解、総論は慎重」と報じた。

 一方、朝日と毎日新聞の質問には「これまで政府は憲法上、集団的自衛権を使うことはできないと解釈してきたが」という枕詞(まくらことば)が登場。解釈変更はタブーとの印象を与えかねない。

 朝日は「安倍首相が国会の議論や国民の賛成を経て憲法改正をするのではなく、政府の解釈を変えたことを適切だと思うか」とも質問し、「適切だ」は18%にとどまった。

 これに対し産経・FNNは、集団的自衛権の行使を「容認」と回答した人のみに限定した上で「必ずしも憲法改正の必要はない」と「当面、解釈変更で対応すればよい」の2種類を用意、足すと70・8%に達した。また、全回答者の中での比率を計算すると、45・1%が解釈変更を容認したことになり、質問の方法でも結果が大きく変わることを示している。(村上智博)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9019272/


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: マスコミ

tb: 0   cm: 1

コメント

何故、朝日、毎日、時として読売が信用できないか?設問に大きな隔たりを意図的に採用している。又、安倍政権の支持率を下げる為の世論誘導だけに力点を置いてる。物の見方や考え方には水平思考と垂直思考があるが、朝日や毎日は垂直思考だけで設問を用意する。垂直思考の設問は、掘っても掘っても同じ回答しか引き出せないのだ。水平思考の場合は、設問の在り方によって横広がりになり全く違った回答が出てくる。枕詞など必要ないのだ。意図的にNOに導くために設問に網掛けをするようなやり方を朝日や毎日、時として読売が好んで用いる。共産党機関紙赤旗などは論外だ。

名無し #- | URL
2014/07/09 15:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/998-7b31b83d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング