おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » マスコミ »【諸悪の根源】朝日新聞:中韓首脳会談、日本は傍観したままか?…歴史認識を問題化させる不毛を断ち切り、3カ国首脳会談の再開を目指すべく、一歩を踏み出す時が来ている(社説)[07/05]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: ばぐたMK-Ⅸφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/07/05(土)15:01:15 ID:???

 習近平(シーチンピン)・中国国家主席がソウルを訪れ、朴槿恵(パククネ)・韓国大統領と会談した。朴大統領はすでに昨年、訪中している。隣国の首脳が頻繁に会って信頼関係を築いているのを見るにつけ、安倍首相が両国いずれの首脳とも会談することができない現実に、思いを致さざるを得ない。

 中韓には、核実験やミサイル発射を続ける北朝鮮に対処する共通の利害がある。共同声明は朝鮮半島の非核化に多くの行数を割いた。中国は「血で固めた関係」とまで言われた北朝鮮との関係よりも、今はまず韓国を優先した形だ。

 安全保障面に劣らず目立つのは、経済での中韓協力の進展だ。自由貿易協定(FTA)の年内妥結をめざすほか、両国通貨である元・ウォンの直接取引を開始し、金融分野の関係強化を進める。習主席には中国の企業家250人が同行した。

 これで中韓の貿易・投資関係はいっそう緊密化するだろう。首脳会談には、現場での協力を加速させる力がある。一方で、日中韓のFTA交渉は進まない。中韓が先行すれば、中国市場で日本企業が不利な立場に置かれるおそれを顧慮すべきだ。

 日中韓首脳会談が東南アジア諸国連合(ASEAN)の場を借りて初めて開かれたのは15年前。08年からは3カ国の独立した会談となって実績を積み重ねたが、12年5月の北京を最後に中断している。きっかけは尖閣諸島国有化であり、安倍首相の靖国神社参拝など歴史認識問題が事態を悪化させた。

 歴史問題では今回、習主席が会談で「抗日戦勝利と朝鮮半島解放70年」にあたる来年、記念行事を開催しようと朴大統領に呼びかけたという。これに対しては、菅官房長官が「この地域の平和と協力の構築に全く役に立たない」と反論した。

 会談翌日には、両首脳が日本の集団的自衛権行使容認や「歴史修正主義」に改めて懸念を表明している。

 ただ、共同声明と付属文書を見る限りでは、従軍慰安婦問題の研究協力を明記したものの、中韓発のこれまでの言動と比べると、やや抑制的であるとも言える。しかも付属文書には、日中韓3カ国の協力が北東アジアの平和と繁栄に重要だとする文言が盛り込まれている。

 日本として、いまの両国、とくに中国に注文をつけたいことは軍事分野を含め山ほどある。そのためにも、歴史認識を政治問題化させる不毛を断ち切り、3カ国による首脳会談の再開を目指すべく、一歩を踏み出す時が来ている。

http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S11225839.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: マスコミ

tb: 0   cm: 1

コメント

俺、メチャメチャに恐怖を感じている。朝日新聞及びテレ朝報道番組は自衛権問題について、戦争の出来る国などとこじ付け、不安を煽った上で聞き込み調査なるものを行っている。この暴挙を容認する事は出来ない。回答内容に解らないとする若年層や国民は自らの命に関わる問題を傍観者主義的立場に立っている。こんな人達に深堀、探求してきた俺は命を預ける訳にうかない。テレ朝の長友?とか云う女史司会者や評論諸氏は報道し喋る以上、自分の言葉に責任を持て。本当に醜い奴らだ、権力に反対する事だけがメディアの務めじゃない。俺は国を守り国民の命、財産を守る為に自衛権は絶対に必要だと思っている。総じて、メディアが集中的にやってる事は、問題を複雑化し混乱させ、反権力に誘導する報道だ。絶対に容認できない。拉致問題も暗礁に乗り上げていた時、政府外交を罵り、今次一歩前に両国が歩を進めたら、また、あれこれと注文ばかり付け一向に解決に向け朝鮮の行動に圧力すらかけない。こんなメディアがあるだろうか。情勢を知る限り、現、朝鮮は経済的困窮や中国の冷遇に抗する為に日本に寄っている事は報道で知る事までもなく、常識的判断が出来る一般国民なら理解する。ただ、解決の為の資金が如何に使われるかは、あくまで推測の域であってメディアが詮索するものでもなかろう。兎に角、拉致被害者の救済である。

名無し #- | URL
2014/07/06 11:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/974-0e7e2e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング