おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » マスコミ »【アサヒる】朝日の「邦人輸送を米軍拒否」報道否定 米艦防護「現実的な重要課題」と防衛省[6/19]【また捏造報道】

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 変態紳士◆YW5h2xpB3U 2014/06/19(木)01:13:35 ID:joveNJ2YC

政府が、集団的自衛権の行使などの安全保障制度の見直しに関して提示した「邦人を輸送する自衛隊の米艦防護」という事例に対し、
一部メディアが「過去に日本人の救出を米国側は断っていた」として現実性がない論議だと批判した。
しかし、現行の日米防衛協力の指針(ガイドライン)には日米両国が避難民の退避で協力する規定が存在し、
防衛省幹部も「米国は拒否していない」と真っ向から否定する。

朝日新聞は6月16日付朝刊1面(東京本社発行)で「『米艦で邦人救出』米拒む」との見出しで記事を掲載した。

記事によると、米国は国籍に応じて4段階の救出・保護を行う作戦をとり、
日本は最も最後の段階に位置づけられているという。
その上で「過去の日米交渉では米側は日本人救出を断っていた。現実には『日本人の米艦乗船』は極めて困難だ」と報じた。
平成9年の日米ガイドライン改定に基づいて作られた周辺事態法について「避難する日本人を米軍が運ぶ『救出作戦』が、
米側の強い意向でメニューから外された」ともした。

ところが、現行のガイドラインは、周辺事態における「非戦闘員の退避」に関し
「日米両国はおのおのの能力を相互補完的に使用しつつ、
輸送手段の確保、輸送にかかるものを含め、非戦闘員の退避の実施で協力する」としている。
ガイドラインを受けて、日米両国は在外邦人の輸送訓練を毎年のように行っている。

全文はソース元で
2014.6.18 23:34
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140618/plc14061823340023-n1.htm


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: マスコミ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/872-89ebb722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング