おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 中国 »【Discount Japan】南京大虐殺・従軍慰安婦の資料、ユネスコが記憶遺産登録申請を受理[06/12]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 少年飛行隊◆zosklHCpY. 2014/06/12(木)14:36:49 ID:0qf3zW5pW

中国外交部は10日、「中国は南京大虐殺と日本軍による慰安婦強制連行に関する貴重な歴史資料を、世界記憶遺産として国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録申請した」と発表した。日本は11日に、申請の撤回を求めた。中国外交部の華春瑩報道官は同日、「中国は日本側の無理な要求を受け入れられず、申請を撤回することもない」と回答した。

国連、中国の申請を受理

ユネスコ、7月中旬に中国の申請内容を公表

ユネスコは昨日『新京報』に対して、日本の慰安婦強制連行と南京大虐殺に関する資料を、中国が世界記憶遺産に登録申請したことを確認したと発表した。

ユネスコの広報担当者のイザベラ氏は新京報の記者に対して、「中国が今回登録申請した資料の具体的な内容については、7月中旬にユネスコの世界記憶遺産のウェブサイト上に掲載する」と語った。

ユネスコは世界記憶遺産の審査に関与せず、仲介者として申請者と審査委員会の連絡を担当する。独立した専門家は一連の審査基準に基づき、申請内容の真実性・重要性・独自性を評価する。

イザベラ氏は、「審査の過程において、投票は必要とされない。ユネスコは申請を受けると、まず申請内容を登録委員会と技術委員会に送り、委員に審査させる。審査結果は、14人の委員による国際諮問委員会に送られる。同委員会は最終的な推薦意見を形成し、委員長からユネスコの事務局長に提出される」と説明した。

(続きはソースで)
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-06/12/content_32643113.htm


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 中国

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/838-f52c87b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング