おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » マスコミ »【コネ入社】「朝日や毎日、リアリティなくても存在意義」 田原総一朗氏の持論に賛否両論[06/10]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: ぱぐたMK-Ⅸφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/06/10(火)00:32:30 ID:???

 ジャーナリストの田原総一朗氏(80)がブログで展開している持論が話題だ。集団的自衛権の行使容認をめぐる議論で、朝日新聞や毎日新聞といった反対派の主張を「リアリティがない」と批判する一方で、「それでも存在意義がある」と主張しているのだ。

 ブログの内容が配信されている「ブロゴス(BLOGOS)」では、2014年6月8日のアクセスランキングで2位を記録。記事は100回以上ツイートされており、「一理ある」「お花畑」「リアリティがないのは産経」などと賛否両論だ。

■「『国家が「悪魔」だと、とことん疑うメディア』が、ひとつくらいあってもらわなければならない」


 ブログの記事は6月8日に掲載。その中で田原氏は、各紙が立場を鮮明にして報じることは「健全なことだ」としながらも、反対派については

「『朝日新聞』『毎日新聞』『東京新聞』のこうした報道姿勢が、日に日にリアリティを失っていることもまた事実である」
と批判している。だが、仮にリアリティがなくても、戦争を知っている世代として、政府を懐疑的に見ることの重要性を伝えたいようだ。

「だが、『けれど』と思うことがある。僕たち戦争を知っている世代は、国家が平気でウソをつくのを目の当たりにしてきた。戦争に負けた瞬間、コロっと態度を変える大人たちを見てきたのだ。そのような経験をしてきた僕たちにとって、『国を信用』するのは非常に難しいことだ」
「『朝日新聞』『毎日新聞』『東京新聞』にリアリティがなくなっていることは、僕も認める。そうであっても、『朝日新聞』には『存在意義』があることも認めるのだ。たとえリアリティはなくても、『国家が「悪魔」だと、とことん疑うメディア』が、ひとつくらいあってもらわなければならない。戦争を知っている世代として、いまの若い人に伝えたいと思う」

(続く)

JCAST
http://www.j-cast.com/s/2014/06/09207160.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: マスコミ

tb: 0   cm: 1

コメント

中韓の利益を求める。売国メディアが正解だけどな。政府を疑ってくれるのはうれしいが、積極的に国益を害するメディアだから叩かれてるんだよ。

おーぷん名無しさん #- | URL
2014/06/10 11:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/824-4d135156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング