おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 在日 »【帰れば解決】 「高まる‘嫌韓’私はどうして日本に生まれたの?帰化はしない、差別と戦う」、 在日韓国人 2世インタビュー [05/28]【参政権よこすニダ】

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/28(水)11:36:48 ID:yH8LgeQux

在日韓国人の現実が公開される。

28日放送される tvN ロードトークショー ‘高声国の赤い椅子(以下赤い椅子)’では高まる ‘嫌韓(嫌韓)’ 雰囲気のため息をしにくい
位と言う在日韓国人たちの現実が電波に乗る。

最近進行された ‘赤い椅子’ 録画で二つの MC 高声国とキム・ジョン民は日本に渡って在日本朝鮮居留民団(以下民団) 所属
在日韓国人 2世ゾングヘリョング(80)さんと梨花者(68)さんを含めて在日韓国人 3世朴有識(33) さんに会った。

二つの MCの会った在日韓国人たちは安倍政権登場以後もっと高まる日本の嫌韓雰囲気に同じ言葉で憂慮を現わした。

在日韓国人たちは “こんなにしていて後には韓国人なのを隠して暮さなければならないかも知れないという気がするほど”と言った。

特にこれらは独島問題と歴史問題などで韓日関係が悪くなるほどもっと大変な状況を感じると口をそろえて言って言った。

甚だしくは彼らは “‘私はどうして日本で生まれたの? 韓国で生まれたら良かったでしょうに’という考えさえするようになる”と言って
見る人々の胸を痛くした.

‘赤い椅子’で在日韓国人たちは言語と感情の問題を越して一番現実的な差別で近付く ‘参政権制限’の問題も指摘した。

帰化しなければ参政権を受けることができなくてまともに権利と義務を享受することができない状況だ。

しかしこんな状況でも放送に出演した在日韓国人たちは “帰化するつもりはない。 問題を回避して逃げだすより差別を無くすために
戦う”と打ち明けた。

悪化の一途の韓日関係を肯定的に転換させることだけがこんな問題を解くことができる鍵と言う在日韓国人たちの叫ぶことが
‘赤い椅子’で伝えられる見通しだ。

eスター(韓国語)機械翻訳
http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?idxno=922066


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 在日

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/781-641a5fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング