おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » サヨク »毎日新聞が「戦後70年目の平和」特集でしばき隊メンバーの活動を好意的に紹介 [9/3]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: ◆E2FCewEIt. 2014/09/03(水)20:07:02 ID:yyyu2NJvG

<70年目の平和>関東大震災時の朝鮮人虐殺「藤岡事件」 今はヘイトスピーチ 過ち二度と犯さない /群馬

毎日新聞2014年9月1日(月)11:30

~中略~

 ◇憂国我道会、山口会長 差別許せない

 ヘイトスピーチに立ち向かう右翼青年がいる。館林市出身の「憂国我道会」会長、山口祐二郎さん(29)だ。
右翼仲間に「裏切り者」と罵倒されても、運動はやめない。「大勢で弱い人をいじめる構図が、感覚的に許せないから」

 反差別運動を始めたのは2013年2月。「韓国人、朝鮮人は死ね」と叫ぶヘイトスピーチ団体への「カウンター」と
呼ばれる抗議行動だ。心ない言葉を投げつける前に止めようと、彼らの前に立ちはだかる。「一応、非暴力を掲げて
います」と言うものの、抗議活動では小競り合いになる時がある。一緒に行動する仲間には、入れ墨を持つ“極道”風の
男性もいる。
「僕は見た目も悪いし、ヒール(悪役)でいい。でも、差別されてる人がいたら、どんなことをしても
止めたい」。店先につばを吐き、朝鮮学校に通う子どもたちを残酷な言葉で脅す人種差別主義者たちへの怒りが、言葉ににじむ。

 小中学校では「いじめられっ子」だった。高校で不良になった。不良仲間の友人が集団で暴行されているのに助け
られなかったことがある。「自分の身を守るために助けなかった。恥ずかしくて、今も申し訳ない気持ちでいる」。
カウンターの運動を続ける原点だ。

 靖国神社には頻繁に参拝する。天皇陛下が大好きだ。でも、周りには在日コリアンの仲間も大勢いる。「右翼とか
左翼とか、あんまり関係ない。ひどいことはやめようっていう気持ちって結構一致しますよ」=おわり

http://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20140901ddlk10040047000c.html

http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1409742422/


no title
「憂国我道会」会長、山口祐二郎さん(枠内)

no title
入れ墨を持つ“極道”風の男性。確かにぶよぶよの体で酷い見た目だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: サヨク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1477-96624e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング