おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 歴史認識 »【悲報】朝日新聞、創価からも切り捨てられる。慰安婦報道で公明幹事長「反省足りない」「責任をとるべき」[08/29]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/08/30(土)00:07:18 ID:???

朝日新聞がいわゆる従軍慰安婦に関する一部記事の誤りを認めたことに関し、
公明党の井上幹事長は29日、「間違った報道をしてきた影響について、
反省が足りないという指摘があることは当然だ」と述べ、朝日の報道姿勢を厳しく批判した。

井上氏は、朝日が「朝鮮人女性を強制連行した」とする吉田清治氏(故人)の証言を報じたことによる
国内外の影響について、十分な検証を行っていないことを念頭に、
「政治家は結果責任を問われる。マスコミは書きっぱなしでいいのか。
結果責任をどう考えているのか、聞いてみたい」と語った。
朝日は十分な検証を行い、何らかの責任をとるべきだとの考えを示したものだ。

野党からも同様の批判が相次いだ。

ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140829-OYT1T50130.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 歴史認識

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1453-6b4507f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング