おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 在日 »【在日中国人の朝鮮人化】在日中国人「我々が日中の橋渡しをし日本人に本当の中国を知ってもらいたい。日中関係悪化は尖閣問題を起こした日本のせい」[8/28]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/08/28(木)12:51:59 ID:72Of9xPjB

2014年8月27日、中国新聞網は、日本関西在職中国人交流協会の馮涛(フォン・タオ)会長の言葉を紹介した。

馮会長は「私たちが現段階でやるべきことは、日本の人々に本当の中国を知ってもらうことだ」と話し、
「実を言えば、改革開放後の中国の経済や社会には大きな変化が生まれたが、日本の人々はこれをあまり知らない。
在日華人には、日本人に中国を紹介するための橋渡し役になる責任がある」と続ける。

2011年3月11日の東日本大震災が起きた後、馮会長は協会のプラカードを持って大阪の街頭で募金活動を行った。
「プラカードを見た人は、中国人が善意を示していると理解し、評価してくれた」と話す。
馮会長は「たくさんの日本人に、華人を通じて“ありのまま”の中国を見てもらいたい」としている。

緊張状態が続き、日中の民間交流が停滞している現状については「主な問題は日本政府が日中国交のバランスを崩したこと」とし、
「日中両国は国交正常化以来、尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題を避け、バランスを保ってきたが、
日本政府が尖閣を“国有化”し、連鎖反応が起きている」と指摘する。

馮会長は「残念なのは、日本の人々も華人を疑いの目で見るようになり、離れていくことで、華人が孤立感を抱いていること」としながらも、
「日本の民間団体のメンバーを中国に招待して、本当の中国を知ってもらいたい」と日中の相互理解に努めたいとの抱負を語った。(翻訳・編集/TK)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140828-00000008-rcdc-cn

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 在日

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1442-86c65fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング