おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 米国 »【朝日の大罪】慰安婦誤報はいまも米国で「利用」されています…現地日本人、日系人が罵られ、つらい思いをしている 在米日本人・今村照美さん[08/27]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: マザーグースφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/08/27(水)13:57:56 ID:???

★【朝日の大罪】誤報はいまも米国で「利用」されています… 在米日本人・今村照美さん (1/2ページ)
2014.08.27:ZAKZAK

 私は米国に住んで40年になりますが、ここ数年ほど「日本の危機」を感じたことがありません。その1つが、韓国系団体によって、全米各地に慰安婦の碑や像が建てられていることです。

 カリフォルニア州フラトン市議会で先週19日、日本政府に慰安婦問題での謝罪を求める決議が可決されました。韓国系団体が提案したもので、慰安婦の碑の設置も提案されました。また、現地の日本人、日系人が罵(ののし)られ、つらい思いをするのでしょうか。

 この根拠になっているのは、日本政府に慰安婦への謝罪を求めた2007年の米下院121号決議です。これは韓国・中国ロビーから支援を受けるマイク・ホンダ下院議員が提出したもので、彼がよりどころにしたのが朝日新聞です。

 朝日は5日、慰安婦報道の大誤報を認めました。その後、批判されて22日にようやく英文での訂正記事をHPに掲載しましたが、それだけでは不十分です。中国人や韓国人の中には、英語を解さない人もいます。

 中国語や韓国語、ロシア語やフランス語などで、朝日には慰安婦報道の大誤報を説明し、日本の国益を損ね、日本人を貶めてきた事実を謝罪してほしい。そうすれば、どれだけ在外邦人が救われることでしょうか。

 大誤報によって刷りこまれた日本や日本人のイメージを元に戻すことは困難です。朝日は32年間も大誤報を放置し続けたため、日本人に対する悪い印象は消し去ることは難しくなっています。

 実際、朝日の誤報記事は、米国でまだ「事実」として扱われています。先のフラトン市で開かれた公聴会でも、韓国系住民が「朝日新聞も慰安婦の悲劇を認めている」と発言していました。誤報記事はまだ「生きて」おり、利用されています。

 韓国系団体が求める碑文については、さすがに同市市長が「文面を中立にすべきだ」という意見を出しました。これは現地の日本人や日系人が努力を重ねてきた結果です。とりわけ、若いお母さんたちが高い関心を持っており、公聴会にも出席して真剣に議事の進行を見守っていました。

 彼女たちは、自分の子供が「忌まわしい日本人の子孫」として、イジメられ、危害を加えられるかもしれないと心配しているのです。私たちの身辺には、それほど大きな恐怖があるのです。

 このような現状を、朝日の木村伊量(ただかず)社長や社員の方々は分かっているのでしょうか。「自分の子供、孫が米国に住んでいたら…」と想像しないのでしょうか。自社の責任を感じているのでしょうか。

 朝日がまっとうな報道機関であり、報道機関の役割が「真実を伝えること」と理解しているなら、世界の隅々まで誤解を解く努力をしてほしい。在外邦人たちはそれを切に願っています。 (取材・構成 安積明子)

 ■今村照美(いまむら・てるみ) 長崎県出身。結婚後1974年に渡米し、カリフォルニア州ガーデナ市在住。米系輸送会社に勤務。グレンデール市が慰安婦の像を設置したことをきっかけに、在米日本人としての危機感を抱き、反対運動を展開。現在はアジア系米国社会との交流にも取り組んでいる。「True Japan Network」(TJN)会員。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140827/dms1408271140005-n2.htm


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 米国

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1429-38f800ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング