おーぷんNEWS ホーム » 領土・領海 »【おまエラが言い出したからだろw】日本海名称:他人の海になぜ米国が口出しするのか?ワシントンポスト社説の波紋/朝鮮日報特派員コラム[08/22]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

1: ◆E2FCewEIt. 2014/08/23(土)12:26:14 ID:oDc6T8zPW

ワシントンポストが社説を通じて米国政治家たちの東海表記支持を正面批判し議論がおきている。

ワシントンポストは去る19日「北バージニアの韓人らに対する極端迎合(Pandering to Northern
Va.’s Koreans is going to extremes)」という社説で「バージニアの政治家たちが東海表記を先を争
って公約、この地域の韓人有権者らの歓心を買おうとしている」とし、「これはバージニア最大の投
資国である日本に配慮せず他国の海の問題に割り込むのは正しくない」と批判した。

引き続き去る5月、バージニア・フェアファックス郡庁が庁舎内に建設した慰安婦碑も他国の悲劇
を追悼する造形物が庁舎内にあるのは誤りだとまとめて批判し韓人社会がいきりたっている。
先にワシントンポストの社説から見てみよう。(中略:ワシントンポスト社説の翻訳)

WP社説の問題点を探ってみよう。まず、米国政治家が国際問題に割り込むのが穏当だろうか?
これは単なる国際問題ではない。東海は韓日間の名称の「なわばり争い」ではなく、米国も責任を
負うべき誤った歴史の修正だ。国際的に日本海が公認されたのには米国が原因を提供した。

19世紀末、朝鮮と米国は友好条約を通じて朝鮮が不当な侵略を受けた時、米国が助けることにし
た。しかし、米国は韓半島を見下す日本の凶計を見ずに無視した。さらに進んで桂-タフト密約を
通じて彼らの植民地化を容認した。朝鮮の日本植民地を黙認し韓半島併呑に決定的な助演をし
たのだ。‘日本海’は米・日野合の副産物だ。

ニューヨークタイムズも1919年3・1運動直後の社説を通じて朝・米友好条約を守らなかった米国
により、今日の朝鮮が日本によってじゅうりんされていると懺悔した。ところが1世紀経った今日、
ワシントンポストは何を言っているのか。彼らは問題を把握出来ずに他国の歴史問題に割り込ん
のだか?ワシントンポストは文を書く前に頼むから歴史の勉強を少しはすべきだ。

東海併記は韓国系市民と日系市民を含むすべての米国人の子供たちのための正しい教育の道
だ。百歩譲って歴史的背景を問わないとしても、隣接した海の名称で紛争がある場合、該当国家
の名称を併記するのが公正で妥当だ。英国海峡(英国)とラマンシュ(フランス)、ピランマン(スロベ
ニア)とサブドゥリヤマン(クロアチア)等、各自の固有名を併記する事例をワシントンポストは本当
に知らなかったのか。

二番目、日本がバージニア州最大投資国なのに韓人だけに肩入れするのはどうか?投資をたく
さんすれば真実を無視してもかまわないのか?ひょっとして韓国がもっと投資すれば、韓国海に
変えられるのか?お金がなくて無力なら歴史を粉飾されてもしかたないのか?利益追求の商人や
3流政治屋ならともかく、政論直筆を書くべきメディアがどうしてこういう論理を展開するのか不思
議だ。

三番目、フェアファックス郡の慰安婦碑建設も誤りか?韓国がキリム碑をたてたように英国に殺さ
れたアイルランド、トルコに虐殺されたアルメニア、14世紀オスマン帝国に抹殺されたセルビアの
犠牲者も賛えなければならないかって?その論理なら、米大陸の数多くのホロコースト追悼施設
の存在理由は何か?米国人がナチに虐殺されたのか?アルメニア犠牲者を追悼するカリフォル
ニアのタウン、ニュージャージーのフォートリー、バーゲン郡のアルメニア追悼碑はいったいなぜ
立っているのか。アイルランド大飢饉犠牲者追悼碑をなぜ米国の土地にたてるかということだ。

[出処]この記事は朝鮮ドットコムで作成された記事です
ソース:朝鮮日報(韓国語) [特派員コラム]他人の海に米国がなぜ挟まるの?ワシントンポスト社説波紋
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2014/08/22/2014082201312.html

http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1408764373/

"The American do not interfere in the problem of other countries" a Korean; about the issue of high seas name and a historical issue.


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 領土・領海

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1400-a7f5ac39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

アクセスランキング