おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » マスコミ »【憲法違反】東京新聞:在日韓国・朝鮮人らへの生活保護受給は「在日特権」ではない、批判は無根拠。デマを許さぬ為にも法改正で外国人受給権明記を[8/19]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/08/20(水)12:33:54 ID:r2kUfOeUK

在日コリアンら永住外国人の生活保護受給がバッシングにさらされている。

「外国人は保護対象外」と判断した最高裁判決(七月)が根拠のようだが、法律的な形式論を再確認したにすぎず、
外国人の受給に何の問題もない。

社会問題化しているヘイトスピーチ(差別的扇動表現)デモでは、外国人の受給を「在日特権」と攻撃してきた。
事実と反する宣伝を許さないためにも、外国人の受給権を法律に明記する必要があるのではないか。 (白名正和)

http:/[www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2014081902000152.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: マスコミ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1373-a48c87fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング