おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » アジア »【日印友好】岸田外相「インドのモディ首相が6日に行った広島原爆犠牲者追悼メッセージに感謝する」[08/12]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: ふぐのひらき◆kV6bjRA4v. 2014/08/12(火)15:04:52 ID:???

8月10日,ASEAN関連会合に出席するためミャンマーのネーピードーを訪問した
岸田文雄外務大臣は,同日午後5時25分から約40分間,インドのスワラージ外相と会談した。

冒頭,岸田大臣から,日本とインドはアジアの二大民主主義国として,普遍的価値と
戦略的利益を共有している,モディ新政権発足後の初の外相会談に当たって,
日・インド「戦略的グローバル・パートナーシップ」の重要性を改めて確認しておきたい旨述べた。
更に,自分は広島の出身であるが,モディ首相が6日に行った広島原爆犠牲者追悼
メッセージと,毎年8月にインド議会が広島と長崎の原爆犠牲者追悼のため黙祷を
行っていることに感謝する旨述べた。これに対しスワラージ外相から,お会いするのは
今日が初めてだが、岸田大臣からは、自分の外相就任時にお祝いの電話を頂いた、
日印間ではこれまでも強固な関係を築いてきたが、モディ新政権の下で一層強固な
関係を築いていくことを約束する旨述べた。

岸田大臣から,政治・安全保障分野における日印協力について,先月に日米印海上共同訓練
「マラバール」が実施されたことを歓迎すると共に、日印外相間戦略対話を
継続し、次官級「2+2」対話や日米印対話を更に強化していきたいと述べたのに対し、
スワラージ外相から,これら対話の継続・強化の必要性に完全に同意する、
特に外相間戦略対話について,双方の都合の良い機会に実現したい旨の発言があった。

続きは外務省で
日・インド外相会談(概要)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/in/page3_000888.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: アジア

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1328-52791094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング