おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 軍事・安全保障 »【三国同盟】米国防長官、インドに日本への接近をアドバイス 3国軍事同盟の必要性を主張 [H26/8/12]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/08/12(火)10:46:57 ID:???

10日、岸田文雄外相は訪問先のミャンマーのネピドーで、インドのスワラジ外相と会談した。これは今月末から9月頭にかけて予定されているモディ首相の初来日に向けたもので、両外相は、日印間で引き続き「戦略的グローバル・パートナーシップ」の強化を目指す方針を確認した。

【原発契約の当事者関係】
 インドの日刊紙、ザ・タイムズ・オブ・インディアによると、スワラジ外相は岸田外相に対して、遅れている原発導入契約締結の問題に触れ、「民間での原発導入契約が締結の運びとなるよう、話し合いが必要だ」と強調し、そろそろ契約を結ぶべき時期だと述べた。

 同紙によると、インドが日本から原発を導入するための交渉は以前から行われていたが、2011年の東京電力福島第一原子力発電所の被災により中断していた。

 だが、原発事故で学んだ教訓を広めることで、世界的な原子力の平和利用に貢献したいと日本が申し入れた結果、両国は昨年、交渉再開に合意した。

【軍事関係】
 インドのチャンディーガル・トリビューン紙によると、アメリカのヘーゲル国防長官は9日、インドのシンクタンク「オブザーバー研究財団(ORF)」で行った講演で、「アメリカとインドは、安全保障における協力関係を日本にも広げて、3国間での防衛協力を考慮すべきである」と語ったという。

 ヘーゲル長官は、戦略的なバランスから、インドが日本に接近するようアドバイスする一方、「インドはアメリカとの密接なパートナーシップと、中国との深い結び付きとの、どちらか一方を選ぶ必要はない」と述べた。

全文はこちら ライブドア/NewSphere
http://news.livedoor.com/article/detail/9137731/


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 軍事・安全保障

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1326-224ae5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング