おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » マスコミ »【慰安婦問題】朝日新聞のケジメとは廃刊である。西村眞悟氏[H26/8/11]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2014/08/11(月)02:54:16 ID:???

 昨日の朝、拉致被害者を「救う会」の西岡力さんに会うと、朝日新聞を持っていて、「朝日新聞が、吉田のウソを認めた」と言った。
 私とその場にいた五名の国会議員は、朝日新聞を持っていなかった。何故なら、皆、事実の捏造までして日本を貶めようとする朝日新聞に触れるのがいやだからだ。
 しかし、その時は、西岡さん持参の朝日を回覧した。

 吉田清治という人物が、昭和十八年に韓国の済州島で、若い朝鮮人女性二百五人を従軍慰安婦にするために無理矢理トラックに乗せて強制連行したと各地でしゃべり始め、昭和五十八年には「私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行」という本を出版した。
 しかし、この朝鮮人強制連行は、吉田清治の「ウソ」だった。しかもこの吉田の言うことは、現地の済州島でも日韓両国の研究者の調査によっても、「ウソ」であることが完璧に明らかになった。

 ところが朝日新聞は、この吉田清治の「ウソ」に飛びついて、日本軍及び日本政府の、朝鮮人従軍慰安婦強制連行キャンペーンを開始する。
 そして、驚くべきことに、昨日の平成二十六年八月五日に至るまで、三十年間にわたって、この「ウソ」に基づいた従軍慰安婦強制連行キャンペーンを維持するのである。
 その結果、この三十年間に何が生み出されてきたのか。
 それは、おぞましい国家と国民の名誉の毀損である。
 即ち、朝日新聞は、
 我が国家と国民の名誉を三十年にわたって潰し続けた。
 これは、取り返しがつかない。

(中略)

 また、朝日新聞のキャンペーンに圧力を受けて、十分な調査も行わずに「お詫びと反省」の談話を発表した加藤紘一官房長官と日韓首脳会談で謝罪した宮沢喜一首相(平成四年)と慰安婦強制連行を認めた談話を発した河野洋平官房長官(同五年)は、国家と民族を裏切ったのである。

 最後に、産経新聞のことに触れる。
 この度の朝日新聞の「虚偽報道の自認」は、
 産経新聞の勝利である。
 
 朝日新聞が昨日の虚偽の自認に至ったのは、
 産経新聞の、従軍慰安婦強制連行の虚偽と、
 その虚偽に基づいた河野洋平官房長官談話の欺瞞性を、
 指摘し続けた報道、その虚偽を実証し続けた報道が、
 ボディーブローの如くコーナーに朝日新聞を追い詰めたからである。即ち、朝日新聞は、虚偽を報道して自らが「報道機関」であることを否定したのに対し、
産経新聞は真実を報道して「報道機関の本分」を遺憾なく発揮し、祖国の名誉を護り続けた。
 この功績、讃えるべきである。

 なお、朝日新聞のことを、「自認した」と書いて「自白した」とは書かなかった訳は、
 「自白」とは、官憲をはじめ世の人々が知らないときに、自ら進んで真実を告白する情状を考慮しうる倫理的な行為であるからだ。
 これに対して、世の人が従軍慰安婦強制連行などウソだと知っているときに、頑として虚偽・ウソを真実の如く三十年間に渡って世界に報道し続けた朝日新聞は、逃げ切れないコーナーに追い詰められて認めた(落ちた)だけであり情状の余地はない。

◎全文は下記からどうぞ。

ライブドアBlog 西村眞悟 8月6日付け
http://blogos.com/article/91981/


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: マスコミ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1318-7f536c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング