おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » サヨク »【突っ込みどころ満載】最新版、サヨクのアジ文をご堪能ください[8/2]【レイバーネット・しばき隊】

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/08/02(土)01:18:22 ID:EPlJkZfOL

8.2 ファシズム潰せ!安倍政権打倒 怒りのブルドーザーデモ

代々木公園ケヤキ並木 16:00出発(予定) 

主 催
東京デモクラシーネットワーク
(東京デモクラシークルー、怒りのドラムデモ、C.R.A.C(しばき隊)、SASPL、CIVITAS MUSASHINO)

7月1日夕刻、安倍政権は、「解釈改憲」による集団的自衛権の行使容認、そして事実上、
集団的安全保障の行使容認をも閣議決定した。

戦後日本の安全保障政策は、一切の国民的議論がないまま、ひと握りのアナクロ・ファシスト集団による
「脱法クーデター」によって、根本的な大転換がなされることになった。
また、憲法そのものが時の政権によって恣意的に「解釈」されるという、あってはならない前例が作られた。

安倍政権によるこの暴挙の真の目的は、安全保障政策の変更に留まらず、[
戦後日本の民主主義社会の根幹であった日本国憲法を破壊し、
少数者が国民から主権を奪って政体を思うままに動かすという、ファシズム革命である。

閣議決定後の安倍晋三首相による記者会見は、この独裁体制の樹立宣言であり、
主権者国民と立憲主義に対する公然たる宣戦布告であった。

またこれに先んじて、警察官僚と自衛隊人脈が暗躍する中で、
昨年暮れに行われた特定秘密保護法の強行可決は、
上記ファシズム体制を支える軍事警察国家体制の完成のために奉仕するものである。

これら安倍政権の暴走によってもたらされた立憲主義と民主主義の危機は、
人々の凄まじい怒りを巻き起こし、6月30日と7月1日には、
集団的自衛権容認に反対する数万の群集が首相官邸の前を埋め尽くした。
民主主義と自由を守る闘いは既に開始された。

8月2日(土)、我々東京デモクラシーネットワークは、東京・渋谷~原宿で、
安倍政権打倒を掲げた「怒りのブルドーザーデモ」を主催する。
安倍政権に対する猛烈な抗議の声で街を埋め尽くし、奴らの野望を叩き潰そう。

THIS MACHINE KILLS FASCISTS! ファシズムを潰せ!奴らの息の根を止めろ!

当デモでは、当初実際にブルドーザーを先頭に立てて行進する予定でしたが、
レンタル業者に見積もりしてもらった結果、希望の機種を東北から輸送する必要があり、
料金が思いのほか高くなったために、断念致しました。
そのため通常の徒歩及びサウンドカーによるデモ行進になります。悪しからずご了承ください。

http://www.labornetjp.org/EventItem/1406533150367staff01


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: サヨク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1227-fa7382cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング