おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 未分類 »【悲報】田原総一朗「韓国人は実は反日ではない」と番組で主張←他の出演者から徹底的に論破される [H26/7/21]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/07/21(月)18:07:25 ID:???

20日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうりテレビ)で、ゲスト出演した田原総一朗氏が「韓国人は実は反日ではない」と発言し、出演者から反論される一幕があった。

番組では「歴史を変えた極秘文書徹底解明SP」と題し、「河野談話 元慰安婦の聞き取り調査報告書」を取り上げた。

その中で、田原氏は「(安倍晋三首相は)河野談話を見直したかったが最終的に『見直さない』と言ったのはアメリカの圧力が原因」だと主張した。

政治評論家の加藤清隆氏は「(談話の)真意はどこにあるかということで検証作業をやったんですよ」と述べると田原氏は、この検証作業が「最悪」であり、「検証作業の結果が、すり合わせがあったと。これは実は日本と韓国が『この事は内緒にしよう』ということでやったんですよ。内緒にしようとしてやったことを、後でバラしたらね、もう外交はできませんよ。外交ってのはそういう内緒のことがいっぱいあるんだから」と、日本側の落ち度を指摘した。

しかし、加藤氏は過去の事例をあげ、「全て約束を破っていっているのは韓国側ですよ」と反論。

評論家の宮崎哲弥氏も「安倍さんは韓国や中国に対し対話のドアを開けているが、やってこないのは向こうの方」だと主張した。

すると田原氏は「(韓国の大統領)朴槿恵(パク・クネ)ってのは、実は本音は親日なんですよ。だけどね、親日って言ったら大統領維持できないんだよ」と韓国側の本音を代弁した。

続けて「世論ですよ。一番悪いのはマスコミだけどね。マスコミが日本の悪口言うと売れるんだよ。(韓国)国民はそんなに日本の悪口言いたくない」と持論を述べた。

>>2


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

コメント

田原さん、一ファンとして苦言申し上げます。頭脳明晰で歴史事象を専門に語られるのは学ぶ者にとって大変ありがたい。然し、無益な政権批判は堪えがたい。事象変質は正しく質して欲しい。検証が無様とか、約束事の反故が外交の信用、信頼を毀損し、外交の扉を閉じるもの。云々の持論展開は理解できても押付けは慎むべきです。私は、日韓の歴史に詳しくはありませんが、慰安婦問題や安重根の伊藤博光暗殺テロリスト犯や、日本海の東海呼称や徴用工問題は全て日韓基本条約を破棄する様相を呈しています。それも、慰安婦に全て関連付けられ政治カードとして乱用する有様は非難されるべきでしょう。朴クネが親日派等と嘯くのも頂けません。彼女の公約は親父の漢江の奇跡を真似るものだったでしょう。その資金・資本を慰安婦を政治カードに反日で揺さぶり、引き出すことにあったではありませんか。この様な事まで黙認しなければいけないのですか。とても田原さんらしくありません。名を汚す前に引退を勧めます。

名無し #- | URL
2014/07/22 07:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1111-661d4d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング