おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 在日 »【生活保護】外国人を生活保護の対象にしないのは不当だと言う原告弁護士の説得力のなさ[7/19]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2014/07/19(土)13:22:23 ID:AbgciEfFf




日本に住む外国人が生活に困窮した際、生活保護の申請をする権利があるのか?

どう思います?

その件に関して、昨日、最高裁の判決が下されたのです。

「法律が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」

私は、当然のことだと思うのです。だって、幾ら永住権があるとしても、日本国民ではないからです。誤解しないで下さい。
日本に帰化したした人まで保護しないと言っているのではないのです。或いは、ホームレスの人々などを対象とした炊き出しなども与えてはいけないと言っているのではないのです。

それに、生活保護の支給額の方が、最低賃金よりも高い地域があるのですよ。

私は、むしろ何故日本に住んでいるからと言って、我々日本人が外国人の生活の面倒までみる必要があるのか、と言いたい。

(中略)

今回の判決に関して、原告の弁護士は次のように言っています。

「法律の中の『国民』ということばだけを見て、実態に踏み込んでいない形式的な判断だ。
外国人に生活保護を受給させるかどうかは行政の自由裁量だと最高裁がお墨付きを与えるもので問題だ」

いえ、そうではありません。法律に出てくる「国民」はそのように理解するのが常識というものなのです。

「外国人は日本で生活してはいけないと言っているのと同じで、
安倍内閣は成長戦略の一環として外国人の受け入れを拡大するとしながら、
一方でセーフティネットは認めないというのなら日本にこようとする外国人はいないだろう。
なんらかの形で外国人の受給について法律の改正をしなければならない」

外国人は日本で生活していけないなんて、誰も言っていません。そうではないのです。
生活する権利は認めるが、自分の力で生活していって下さいと言っているのです。

(中略)

永住権を持った外国人のなかで生活に困っている人がいるとして...そして、
そのような人々を助けたいと思うのであれば、そう思う人々が助ければいいことであって、
それを国や自治体に求めるのは筋が違うと思うのです。

◎全文は下記からどうぞ。

Yahooニュース 7月19日付け
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogasawaraseiji/20140719-00037527/


依頼によるスレ立てです。
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404577774/


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 在日

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1096-0b3b974f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング