おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 中国 »【中国バブル】「我が国の不動産バブルは崩壊しない。日本と違いまだ発展の余地がある」[7/14]【すでに崩壊してませんか?】

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/07/14(月)22:28:31 ID:ZIObrszmu

中国で近ごろ、不動産バブルの崩壊を警戒する声があがっていることについて、
中国メディアの搜房网は日本のバブル崩壊による影響を紹介しつつ、
「中国の不動産バブルが崩壊すれば、当時の日本以上に深刻な事態を迎えるだろうが、
崩壊はしない」と論じた。

記事は日本のバブル崩壊について「不動産がもたらした歴史上で最大の危機の1つ」とし、
日本ではバブル崩壊によって多くの国民が負債を抱え、個人資産は大きく減少し、
莫大な不良債権が生まれたと紹介。さらに日本経済は10年以上も成長が止まったと伝えた。

日本の不動産価格が底を打つまで4年もかかったことを紹介したうえで、
仮に中国の不動産バブルが崩壊すれば、すでに20%ほど値下がりした中国の不動産価格が今後、
どれだけ値下がりする余地があるか分かるとの見方を示した。

日本ではバブル当時、東京や大阪などの地価上昇率は2桁に達していたことを紹介する一方、
中国の地価上昇率は年によってばらつきはあるものの、日本のバブル当時の水準にまでは至っていないと主張。

また、不動産市場の需給バランスにおいても、中国の2011年の都市化水準が50%であることや、
年1000万人もの人が農村部から都市部へ移動していることを挙げ、
中国の不動産には実需があり、今なお発展の余地があると主張した。

さらに記事は、バブルが崩壊した日本と現在の中国は置かれた情勢や環境が違うとし、
「中国の人口ボーナス期がまだ終わっていないこと」、「都市化の余地が残されていること」、
「資本市場が完全に開放されていないこと」、「バブル状態にあることを中国政府が認識していること」
などを挙げ、こうした条件は当時の日本は備えていなかったと指摘、
現時点で中国の不動産バブルが崩壊することはないとの見解を示した。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1537605

http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1405344511/

以下、中国のゴーストタウン化した街。




ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 中国

tb: 0   cm: 1

コメント

当たり前だ、潰してもらっちゃ困るのよ。元は幾らでも印刷できます。共産党が政権にいる間は、元はただの尻拭き紙よ。ビルはお化け屋敷で子供たちの遊具にすりゃいい(笑)

名無し #- | URL
2014/07/15 18:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1055-16dc6cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング