おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 戦前・戦中 »【ドラえもんのモデル?】電子書籍で復活 戦前人気「タンクタンクロー」[07/12]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/07/13(日)08:47:18 ID:???

※戦前、大ヒットしたロボット漫画の元祖「タンクタンクロー」が電子書籍となって発売された。
ユーモラスな少年向けのギャグ漫画だが、現代の人気漫画「ドラえもん」の源流といわれている。

タンクローは八つの穴があるボウリングの球のような胴体から、ちょんまげ頭や長靴をはいた足を出している。
胴体の穴は、大砲やピストル、飛行機の翼など、あらゆるものを取り出すことが可能で、ドラえもんの四次元ポケットを連想させる。

作者の阪本牙城(がじょう)は、東京都あきる野市五日市出身。
一九三四年から三六年まで雑誌「幼年倶楽部」にタンクローを連載し、
田河水泡の「のらくろ」や島田啓三の「冒険ダン吉」と並び、子供たちの人気を集めた。
しかし戦後は漫画を描くのをやめ、坂本雅城の本名で水墨画家として活動した。

電子書籍は、イーブックジャパンが、タンクローなど阪本牙城の漫画計十巻(一巻五百円)を今月一日に発売した。
同社の担当者は「戦前の漫画としては本当にきれいで、未来に残したい作品」と評価する。

日大芸術学部の清水正教授(マンガ論)は「ドラえもんがタンクローからヒントを得て、
造形されたことは間違いない。タンクローは奥が深く、その魅力を多くの人に知ってほしい」と話す。

一部省略、ソース:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014071302000130.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 戦前・戦中

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1038-ef41732d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング