おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 中国 »【産経Biz】これまでのODA供与額は3兆6500億以上 新ODA大綱に対中ODA廃止を盛り込め

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 霊のもの◆qRrtABP1Wc 2014/07/12(土)17:12:09 ID:???

新ODA大綱に対中ODA廃止を盛り込め

日本固有の領土である尖閣諸島(沖縄県石垣市)を虎視眈々と狙い、歴史問題をめぐって
国際社会における日本の名誉を徹底的におとしめようとしている中国に対して、
日本政府は政府開発援助(ODA)の供与をいまだに続けている。
外務省が設けた有識者懇談会がODA政策の大幅な見直しにつながる報告書を6月26日に出したが、対中ODAの廃止こそが不可欠だ。

・3兆6500億円以上

1979年に始まった中国に対するODA供与は2011年度までで、
円借款3兆3164億円、無償資金協力1566億円、技術協力1772億円に上る。
(中略)
08年の北京オリンピック前までに新たな供与を終了することで日中両国政府が合意。
07年12月に日中双方が確認した6つの案件を最後に円借款を新たに供与することを中止した。
だが、無償資金協力と技術援助は継続されている。
外務省が出している12年のODAに関する国別データブックによると、11年度の中国に対する無償資金と技術協力の額の合計は
約41億円に上る。ただ、これは外務省分であって、経済産業省や文部科学省などほかの省庁を合わせた数字はさらに跳ね上がる。
(続く)

http://www.sankeibiz.jp/express/news/140712/exa1407120750001-n2.htm


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 中国

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1033-acd19ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング