おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » サヨク »【朝鮮太鼓】赤旗:「怒りのドラムデモ」の井手実「反原発と(しばき隊ら)カウンターは反安倍で合流した。集団的自衛権反対で安倍政権は倒せる」[7/11]

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/07/12(土)10:46:37 ID:sItwfHt4A

「怒りのドラムデモ」 井手 実さん(34)

 国民の反対の声を無視した原発推進。強引な秘密保護法の成立。そして解釈改憲による集団的自衛権行使容認の閣議決定。
あまりにやり方がおかしい―。怒りがだんだんと積み重なり、集団的自衛権の閣議決定を前後した6月30日、7月1日の官邸前抗議行動では、
純粋な怒りを訴えたくて「安倍政権打倒」を掲げました。

 官邸前には若い人たちが予想以上にたくさん来てくれました。
7月5日、3回目の「安倍政権打倒 怒りのドラムデモ」(東京・新宿駅周辺)を、反射的に決行しましたが、
このときも若い人たちが集団的自衛権や、安倍政権に純粋に怒っていた。希望だと思います。
デモには抗議の側面はもちろんありますが、いろんな人が出会い、次の動きが育つ場所でもあるんです。

 「怒りのドラムデモ」は最初は「反原発」で行動してきました。ですが、金曜首相官邸前の首都圏反原発連合の抗議や、
2013年から活発化したヘイトスピーチに抗議する人たちと交流ができ、問題意識を共有して、参加しあったりするようになります。

 その後、秘密保護法が公聴会、国会周辺での市民の猛烈な反対を押し切り、強行されます。
「この人たちは手続きからしておかしなことをする」と不信感が大きくなりました。

 このとき、私たちと、ヘイトスピーチに抗議する人びとが抗議の場に合流していきます。
そこにさらに、秘密保護法から反対の行動をし始めた人びとが加わります。

 そして、集団的自衛権行使容認では、解釈改憲というやり方に対しても、
平和憲法をかえるという内容に対しても、政権に対する不信感は高まります。

 私は安倍政権は打倒できると考えています。

 原発推進、沖縄の辺野古基地移設、秘密保護法強行を、十分な議論もせず官邸の意向だけで推し進めてきた。
そして世論的にもおかしいという下地ができつつある。土台も固めず、国民の理解も得られない政権が長く持ちこたえられるわけがない。

ヘイトスピーチ(憎悪表現) 
在日朝鮮人や韓国人、中国人などに対して「殺せ」などと侮蔑的な表現でおとしめたり、差別をあおったりするような言動。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-07-11/2014071103_01_0.html


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: サヨク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1026-d4a6c665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング