おーぷんNEWS ホーム » スポンサー広告 » 韓国 »【ショック!!】韓国の後頭部を打つオーストラリア...日本を一方的に擁護、豪首相「過去で日本の評価をしてはならない」―韓国紙

アンテナサイト

 

スポンサードリンク

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

1: ◆iTA97S/ZPo 2014/07/11(金)20:28:53 ID:???

 
no title

■韓国の後頭部を打つオーストラリア...豪首相「過去で日本の評価をしてはならない」

トニーアボット豪首相が8日、過去の歴史歪曲問題で国際的批判を受けている日本について
「日本を70年前の行動ではなく、今の行動で評価を受けなければならない」と、一方的に擁護する発言をして、議論が広がっている。

アボット首相は同日、オーストラリアのキャンベラで、安倍晋三首相と首脳会談を行った後、
共同記者会見を開き「日本に公正な評価をしてほしい」と強調した後に「日本は模範的な、一等世界市民」としてまで持ち上げた。

アボット首相は韓国と中国の反発を起こした安倍政府の集団的自衛権行使の決定も積極的に歓迎した。
アボット首相は「2次世界大戦当時の日本と今の日本は完全に違う」「日本が「普通の国(normal country)」として全面的に参加することになったのを歓迎する」と明らかにした。
安倍前首相が主張している戦後体制脱却、普通国家論をそのまま踏襲した発言だ。

日本のマスコミは日本とオーストラリアの関係を「蜜月関係」と表現しつつ、アジア・太平洋地域で中国をけん制できる影響力を発揮することを期待する雰囲気だ。

産経新聞は「米国と日本とオーストラリア3カ国は自由と民主主義など共通の価値観を持ったアジア・太平洋地域の先進国」とし「中国の海洋進出について懸念を持っている」と分析した。

時事通信は「アボット首相は、中国などから「右傾化」批判を浴びている安倍首相に配慮した」「米国を含む「スクラム」を強化し、中国を牽制しようとする安倍首相の外交方針が一層鮮明となった」と伝えた。

しかし、オーストラリア内外ではアボット首相の動きがオーストラリアと中国の葛藤につながる可能性があると憂慮している。オ
ーストラリア野党労働党の議員は、地元のマスコミのスカイニュースのインタビューで「中国関連紛争で私たちが片方の肩を持つようなことは良くない」とし「現政府は片方の味方を持っているという印象をますます強く与えている」と指摘した。

英国日刊紙ガーディアンも「両国関係の発展はオーストラリアの最大交易国の中国との緊張を高める可能性がある」と警告した。

2014-07-09 韓国 文化日報(韓国語)より抜粋
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=021&aid=0002203865


ブログランキング・にほんブログ村へ

category: 韓国

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://opennews.blog.fc2.com/tb.php/1024-b210b7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング